ページの先頭です
メニューの終端です。

児童虐待防止・DV相談について

[2014年1月23日]

児童虐待防止について

児童虐待は、子どもの心身に深い傷を与え、健やかな成長や発達に大変な影響を及ぼし、子どもの人権に対する著しい侵害です。児童虐待は、「殴る」「蹴る」などの身体的な暴力に限らず、「食事を与えない」「衣服が不衛生」「子どもの心に傷をおわせるような言動」なども虐待となることがあります。

児童虐待の定義

児童虐待とは、下記のものに分類されます。

  • 身的虐待
     殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる など
  • 性的虐待
     子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィーの被写体にする など
  • ネグレクト
     家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院につれて行かない など
  • 心理的虐待
     言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をするう(ドメスティックバイオレンス:DV) など

乳幼児揺さぶられ症候群

赤ちゃんがなにをやっても泣きやまないと、イライラしてしまうことは誰にでも起こりえます。

しかし、泣きやまないからといって激しく揺さぶることはいけません。

赤ちゃんや小さな子どもが激しく揺さぶられると、脳に損傷を受け、重い障害が残ったり、命を落とすこともあります。どうしても泣きやまない時は、赤ちゃんを安全な所に寝かせ、その場を少しの間でも離れ、まず自分をリラックスさせましょう。

児童虐待に関する通告・相談・連絡先について

児童虐待相談窓口
相談機関等電話番号 相談受付時間 
児童相談所
全国共通ダイヤル
0570-064-000 24時間
365日受付
子ども家庭110番
(千葉県中央児童相談所内)
043-252-1152 24時間
365日受付 
千葉県東上総児童相談所
(相談受付専用)
0475-27-5507 午前9時~午後5時
月曜日~金曜日 
福祉保健課子育て支援係0479-77-3914 午前8時30分~午後5時15分
月曜日~金曜日 

DVに関する相談先

配偶者や恋人など、親密な関係にある人からふるわれる暴力を「ドメスティックバイオレンス(DV)」といいます。

夫婦や恋人との間におこる暴力は、犯罪行為を含む重大な人権侵害です。

また、家庭内などで繰り返される暴力は外からは発見しにくく、被害者が孤立してしまう傾向がみられます。

DV被害の深刻化を防ぐためには、早期の相談や対応が必要です。

DV(ドメスティックバイオレンス)の定義

DV(ドメスティックバイオレンス)による暴力にはさまざまな形態があります。

  • 精神的暴力
     何でも従えと言う、発言させない、交友関係の監視、外出の禁止 など
  • 身体的暴力
     なぐる、ける、首をしめる、包丁を突きつける、小突く など
  • 性的暴力
     みたくないのにポルノビデオを見せる、性行為の強要 など
  • 経済的暴力
     生活費を渡さない、外で働くことを妨害する など
  • 子どもを利用した暴力
     子どもに暴力を見せる、子どもを取り上げる、子どもに暴力をふるうと脅す など

DV被害者に関する相談窓口

千葉県のDV相談に関する窓口
相談機関等電話番号受付時間 
千葉県女性サポートセンター043-206-800224時間 365日対応
※面接・専門相談(法律相談等)は要予約
千葉県男女共同参画センター
女性のための電話相談
04-7140-8605 午前9時30分~午後4時 火曜日~金曜日
※面接相談・カウンセリング・法律相談・こころの相談は要予約 
千葉県山武健康福祉センター
地域保健福祉課
0475-54-2388 午前9時~午後5時 月曜日~金曜日
※DV専門相談
千葉県警察本部
相談サポートコーナー
043-227-9110午前8時30分~午後5時15分 月曜日~金曜日 
町のDV相談に関する窓口
相談機関等電話番号 受付時間 
芝山町福祉保健課
子育て支援係
0479-77-3914 午前8時30分~午後5時15分 月曜日~金曜日 

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)福祉保健課子育て支援係

電話: 0479-77-3914 ファクス: 0479-77-0871

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.