ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年第2回定例会(6月)一般質問

[2017年6月6日]

一般質問は6月6日(火曜日)、6月7日(水曜日)の予定です。

質問時間(答弁含む)は一議員60分以内、通告順に行います。

議案及び一般質問の状況により、質問開始時刻が変更になる場合があります。

6月6日(火曜日)

【1】坂井 慶子  議員(午前11時)

1.小学校の運営などについて

(1)平成27年4月に統合された芝山小学校は今年で3年目を迎えたが、現在の小学校の様子と運営状況は。

 

(2)平成28年度までの2年間に、スクールバスのルートや時間の見直しはあったか。

 

(3)平成28年度の通学路合同点検は行われたか。

 

(4)他地域では、通学途中の子どもたちを巻き込む交通事故の増加や誘拐・殺害といった痛ましい事件も起きている。通学路の安全対策や見守りを改めて強化すべきと思うが。

 

(5)2020年からの小学5、6年生での英語教科化と、3、4年生での外国語活動を前に、早めに準備に取りかかることや町独自の体制を整える提案をしたが、その後の進捗状況は。

 

2.中学校の部活指導体制について

(1)年々生徒数が減少していくなか、団体競技の部活動における部員数が足りない現状も出ていると思うが、芝山中ではどうか。

 

(2)部活動の意義を、芝山町教育委員会はどう捉えているか。

 

(3)文部科学省が4月下旬に2016年度の教員勤務実態調査の結果を公表した。それによれば学校内勤務時間が増加傾向にあり、週60時間以上の教諭が小学校で33.5%、中学校で57.7%に上る。このような実態の中で、特に中学校での部活動顧問の役割が教諭の負担を増やしていると思うが、どうか。

 

(4)中学校教諭の負担軽減のために、外部委託という形で各競技の専門的な知識と技能をもった部活動指導員を配置してはどうか。

 

3.超高齢化社会に向けての町の取り組みについて

(1)今年度から第4次芝山町総合計画の後期基本計画が始まった。高齢者への取り組みにおいてこれまでの前期・中期の成果は。

 

(2)平成27年の国勢調査では、本町の高齢化率は32.7%と、約3人に1人が高齢者になっている。今後ますます高齢者世帯が増える中で、高齢化に対する町としてのビジョンをしっかり構築すべきと思うが、どうか。

 

4.町政運営について

(1)相川町長の5期目の任期も残すところあと数カ月となったが、5期20年を振り返っての総括は。

 

(2)共生から共栄へ。この言葉に象徴されるように、町と空港とのつながりはより深まっているが、さまざまな経験の中で改めてこのことについてどのような見解を持っているか。

 

(3) 芝山町が現在抱えている課題についてどのように捉えているか。

(4)どのような芝山町の未来像を持っているか。

 

※再質問については担当課長にお伺いすることもあります。

【2】実川 嘉一  議員(午後1時)

1.まちづくり課の29年度方針について

(1)4月の人事異動により職員配置が変更され新体制の中、平成29年度のまちづくり課長としての方針を表明されたい。

 

2.第4次芝山町総合計画の農業振興について

(1)集落営農の法人化などの経営形態の改善を図る農業者を支援するとあるがどのような支援を図るのか。

 

(2)認定農業者の確保・育成とあるが現状は。

 

(3)認定農業者協議会の会員が減少しているが今後の対応は。

 

(4)特産品開発補助制度等を創設とあるがどのような内容を考えているのか。

 

(5)エコ農業の普及にむけ、県の認証農産物取得農家を支援するとあるがどのような支援を図るのか。

 

(6)環境保全に効果の高い営農活動に対して支援するとあるがどのような支援を図るのか。

 

3.町民や各地区からの要望について

(1)新年度になり地区役員も変わり、要望等が町に申請されていると思うが平成28年度の件数、その内容は。

 

(2)進捗状況は。

 

(3)採択の決定はどのように行われるのか。

【3】岩澤 達弥 議員(午後2時)

1.有害鳥獣による被害状況について

(1)昨年からイノシシの目撃情報は報告されているが、農産物のビニールを破るなど畑を荒らす被害が発生しました。早急に対策に乗り出すべきと思うがいかがか。

(1) 町内におけるイノシシの目撃情報はどの程度あるのか。

(2) イノシシによる被害状況はどれだけ把握しているのか。

(3) 町としてできる対策はあるのか。また、実施しているのか。

(4) 県の対策はあるのか。

 

(2)イノシシ以外の有害鳥獣の目撃情報、被害状況はあるか。

 

2.成田空港の更なる機能強化について

(1)夜間飛行制限の緩和が合意された場合、C滑走路新設完成・B滑走路延伸完成を待たずに、現行のA滑走路、B滑走路において先行実施されると考えられる。

(1) 大型機はA滑走路に集中され騒音被害は拡大すると考えるがいかがか。

(2) 更なる機能強化策完成までは、現行のカーフューの弾力的運用の時間延長と機材制限をすべきではないか。

 

(2)町は国、県に町の将来像を提示するよう要望したが、我が町の未来は町独自の施策により築くものではないか。

 

※再質問については、担当課長にお聞きすることもあります。

6月7日(水曜日)

【4】小嶋 秀樹  議員(午前10時)

1.公共施設等総合管理計画(類型ごとの管理方針)について

(1)公用施設

 (1) 給食センターは廃止し、親子方式の調理場、隣接自治体との広域化、PFI等の民活を検討するとされているが、それぞれの具体的内容は。

 (2) 中央公民館は福祉センターに機能集約し、庁舎周辺の敷地整備をすると記されている。現建屋は解体するということか。

 

(2)教育施設

 (1) 小・中学校一体化を検討するとされているが、今後の児童数・生徒数の減少傾向を考えると、芝小の耐用年数より前に一貫教育を含めた結論を出さなければならない。何年後を想定しているか。

 (2) 旧東小学校体育館の扱いは、補助金関係の問題はあるが、校舎と一体の施設として活用策を考えるべきと思うがどうか。

 

(3)子育て施設

 (1) 保育所、学童クラブは、小・中学校の一体化と共に統合を検討するとされている。つまり、保・小・中を同じ敷地に一体化するということなのか。

 

(4)スポーツ・レクリエーション施設

 (1) 菱田社会体育館は耐用年数経過後に廃止し、空港対策用地として活用するとされているが、具体的にはどうするのか。

 (2) 旧菱田小の校舎との一体的な活用を考えているようだが、共同利用施設も含めて三つの施設用地全部を空港対策用地とするのか。

 

(5)保健・福祉施設

 (1) 福祉センターを中心とした多機能化・複合化を検討するとされているが、具体的にはどういう形にするのか。

 

(6)文教施設

(1) 芝山公園の旧藪家住宅は県指定有形文化財なので、維持・管理等の町負担分はないのか。

 

(7)商業施設

 (1) 道・空「風和里」の資産譲渡はどのような方法で行うのか。また、譲渡することによる町財政のメリットは何か。

 

(8)その他施設

 (1) 旧国保診療所は活用・更新しない。ならば早急に解体すべきと思うが。

 (2) 旧旅籠3軒の歴史的視点とは何か。また、それを踏まえて活用するだけの価値があるのか。

 

※再質問の答弁は担当課長にお願いします。

【5】伊橋 寿夫  議員(午前11時)

1.夜間飛行制限緩和の一部見直しを盛り込んだ「成田空港のさらなる機能強化に関する要望書」について

(1)飛行制限時間の一部見直しについて

 (1) 理想とする時間帯は。

 

(2)騒音地域の線引きによる集落分断の解消について

 (1) 飛行時間が見直されれば騒音コンターも縮小され、更なる集落分断につながると思うが。

 

(3)抜本的な落下物対策の検討について

 (1) 具体的な対策案を求めたか。また、町としてどのような対策が理想と考えるのか。

 

(4)地域振興策の速やかな検討について

 (1) 各市町が理想とする施策や対策について具体的に国、県との話し合いはあるのか。

 

 

2.空港関係

(1)騒防法第一種区域のB工法、C工法、谷間地区の見直しについて

 

(2)騒特法による民家防音工事工法の見直し格上げについて

 

※再質問がある場合には、副町長、担当課長へ質問ささていただきます。

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)議会事務局

電話: 0479-77-3922 ファクス: 0479-77-2463

お問い合わせフォーム


平成29年第2回定例会(6月)一般質問への別ルート

Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.