ページの先頭です
メニューの終端です。

平成29年第3回定例会(9月)一般質問

[2017年8月31日]

一般質問は9月7日(木曜日)、9月8日(金曜日)の予定です。

質問時間(答弁含む)は一議員60分以内、通告順に行います。

議案及び一般質問の状況により、質問開始時刻が変更になる場合があります。

9月7日(木曜日)

【1】坂井 慶子  議員(午後1時)

1.はにわ台団地の公共交通について

(1)はにわ台においても高齢者世帯が増え、自動車の運転免許証を返納するなどして、車の運転が出来なくなり、日常生活に不安をかかえる人が増えている。人口密集地でもあるはにわ台の公共交通をさらに充実させるべきと思うが、どうか。

 (2)あいあいタクシーは午前中から昼すぎまで、特に通院時間がかち合うために申し込みが多く、待ち時間も長くかかるという声が多い。そこで、はにわ台専用のデマンドタクシーを運行出来ないか。


2.子育て支援について

(1)第4次芝山町総合計画の後期基本計画が策定された。その中では、こどもを生み育てやすい環境づくりに努め、子育て支援の充実を図ると書かれているが、現在の施策の進捗状況は。

 (2)今年の3月議会では、老朽化した三つの保育所の施設整備や看護師などの専門職員の必要性について質問を行った。その時の町長の答弁の中には、保育所の統合、あるいはこども園の設立も視野に入れて検討するとあったが、町としては今後どのような方針を持っているのか。

 

3.里山の環境保全と竹林の資源活用について

(1)町内のあちこちで、荒れた竹林が里山の景観を損ねている。しかし見方を変えれば、膨大な量の竹は、農業用の資源や生活用の資材として利用することにより、永続性のある天然資源として途方もなく大きな価値があり、里山の景観も高め、災害の予防にもつながる。竹の利活用について、町長の考えはどうか。

(2)竹を伐採する、切断する、運搬するなどの作業は、作業の分業化を徹底すれば高齢者にもできないものではない。栃木県茂木町では80歳代、90歳代の人が山に入って落葉を集めるなどの作業に従事して、高齢者の就労率と健康年齢が伸びているという。このような方式について、町長の考えはどうか。

(3)緑の里山の自然環境は、コンクリートに覆われた都市住民にとって魅力的であるだけでなく、心身の健康維持のために必要なものでもある。

竹を切る、竹炭を作る、竹製品を作るなどの体験型リクレーションは、観光資源としての価値もあり、交流人口を増やすことにもつながる。このように観光資源として竹を活用するということについて、町長の考えはどうか。


※再質問については担当課長にお伺いすることもあります。

【2】実川 嘉一  議員(午後2時)

1.成田空港の更なる機能強化等について

(1)滑走路直下でスライド方式による6時間の静穏時間を確保する見直し案が提示されたが不十分であります。早朝の時間帯に北側より着陸する日は「今日は静かだ」と感じます。弾力的な運用方法が可能であれば、もう一歩踏み込んだ方法が必要と考えるがいかがか。

(2)地域振興策について70数項目について協議をしているようだが、その協議内容を示されたい。

(3)現在の都市計画では倉庫等の乱立により住宅建設の妨げになると考えます。空港関係の移転を見据えた将来の構想及び、都市計画の早期見直しが必要と考えるがいかがか。

(4)地域振興、高齢化を考えると道路網の整備は議論されているが、芝山鉄道の延伸、ボランティアタクシー等の移動手段(公共交通)の整備も必要と考えるがいかがか。

(5)芝山町成田国際空港総合調整推進本部が設置され1年が経過しようとしているが、会議の開催状況、その内容を示されたい。

 

2.農業振興策について

(1)東京五輪、パラリンピックの選手村では、原則GAP認証を受けた食材を使うことが決まりました。農畜産物の有利販売のためにも農業生産工程管理取得は必要となると考えます。今後の取り組みを示されたい。

(2)県では平成30年2月運用を目指して千葉県版GAP制度を創設しようとしているが、芝山町の取り組みを示されたい。

(3)6月定例会において、農業者に対する振興策について町長より担当課に指示したとの回答がありました。来年度予算の編成時期であり急務と考えます。振興策の検討内容を示されたい。

【3】麻生 孝之  議員(午後3時)

1.都市計画に基づく土地利用について

(1)土地利用の構想、5つのゾーニング4つの拠点とあるが、本町のめざす町づくりを実現するためにはより具体的な都市計画マスタープランが必要と思うが。

(2)空港機能強化にともない本町の土地利用にも大きく影響すると思う。その場合も踏まえた土地利用対策を考えておく必要があると思うが。


2.上水道について

(1)本町には上水道が通っていないが今後の土地利用の観点からも上水について検討すべき課題であると思うが。 


3.道路問題について

(1)龍ヶ塚地先交差点からの道路改良工事に関する現在の状況と今後の見通しについて。 

(2)小学校から新井田方面に向かっていく道路拡幅の見通しについて。

(3)新井田からはにわ台へ向かう坂道の歩道整備について。

(4)道路に覆いかぶさっている木の枝等の危険個所の対応について。

 

4.公共交通について

(1)ふれあいバスの運行時間の延長について。

9月8日(金曜日)

【4】岩澤 達弥 議員(午前10時)

1.町長の政治姿勢について

(1)20年前、2期8年を公約に掲げ町民に約束し町長職に就いたと思うが、なぜ、6期目24年を目指すのか。 

(2)千葉県町村会副会長をはじめ町長職以外の役職をいくつ抱えているのか。(町内団体の充て職を除き具体的に)

(3)長期政権の弊害についてどう考えるか。

(4)余力を残した上で後継者に引き継ぎ、新たな発想の基町政運営を任せる人材はいないのか。

 

2.成田空港の更なる機能強化について

(1)8月8日の報道で、「国土交通省が谷間地区すべてを騒防法とする方針を住民に示していることがわかった」とありました。これは、いつ住民に示したものか。町は把握していたのか。

(2)6月12日に示された見直し案について

(1)A滑走路は、現在、年間約15万回の離着陸があります。進行中の工事(高速離脱方式、管制機能の高度化)により2万回増加でき合計17万回に達すると考えます。この状態で午後10時台10便の撤廃、午後11時台の開放を行った場合でも17万回以内を堅持できるのか。

(2)B滑走路延伸工事がいつから開始するかは未定です。5年、10年、それ以上になるかもわかりません。工事開始が決定するまではB滑走路についても午後10時台10便の撤廃、午後11時台の開放をA滑走路同様に行い、2本の滑走路を均等に使用すべきではないか。

【5】小嶋 秀樹  議員(午前11時)

第4次総合計画で掲げている基本計画と公共施設等総合管理計画との整合性について

(1)「安心、安全、栄養、バランスに配慮した給食を提供する」としているが、廃止を前提としている今の老朽化した給食センターでこれを保障できるのか。早急な対策が必要と思うが。

 

(2)厳しい雇用環境、ひとり親家庭の増加、そんな中、子育て環境の充実のために一時預かり保育、平日の延長保育、土曜午後の延長保育、0歳児保育を実施している。しかし、施設の老朽化と耐震化、児童数の減少のため、3か所の保育所の維持は難しいと考える。現サービスの維持を踏まえて統合のあり方を検討すべきと思うが。

 

(3)「観光振興を戦略的に進めるため、DMOを構築し、地域観光資源の有効活用に取り組む」と記されている。その活動拠点が旧職業訓練校とされ、29年度2,712万円の予算が計上されている。DMO法人化の現況と予算の執行状況、今年度内の事業予定は。

 

(4)「交流の基幹となる広域道路の整備を促進し、町道とのアクセスを良くし、利便性の高い道路ネットワークづくりを進める」と記されている。26年度ベースでの普通建設事業費が予算の11%で約5億8千万円、しかも年々減少している。この規模では道路の新設はもちろん、維持・補修費用にも足りないのではないか。また、今後事業費を増額し、道路ネットワークづくりを進められる見込みはあるのか。

 

(5)生活環境の整備(下水道)として、「千代田地区は27年度の<全県域汚水適正処理構想>の見直しにより、小池処理区と接続させる構想としている」と記されている。これは具体的にどんな内容か。また、財政的に可能なのか。

 

(6)27年3月、小学校3校が統合され1校となり、すでに2年半が過ぎました。その中、旧東小跡地を有効活用するため、プロポーザル方式での公募が始まっている。応募状況と今後のスケジュールは。選定基準の最も重要な要件は何か。要件を満たすような提案がなかった場合はどうするのか。

 

(7)千代田共同利用施設の撤去後は、敷地部分をかさ上げして小学校用地と一体のものとして扱うべきと思うが。また、第2保育所職員の駐車場はどうするのか。

 

(8)「町民と行政の協働の推進を図るため、DMOとNPOなどとの連携に取り組む」と記されている。具体的にどう協働していくのか。

 

 ※再質問への答弁は町長にお願いします。

 また、内容によって担当課長に答弁をお願いすることもあります。

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)議会事務局

電話: 0479-77-3922 ファクス: 0479-77-2463

お問い合わせフォーム


平成29年第3回定例会(9月)一般質問への別ルート

Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.