ページの先頭です
メニューの終端です。

令和元年台風15号で被災された方への賃貸型応急住宅のご案内について

[2019年10月12日]

賃貸型応急住宅(みなし住宅)について

千葉県では、台風15号により住宅に大きな被害を受けた方に対して、災害救助法に基づき、応急仮設住宅として民間賃貸住宅を借り上げて提供する事業を実施しています。

対象となる方

原則として、次のいずれにも該当する方

(1)被災時において、災害救助法の適用を受けた25市15町1村のいずれかに住所を有していた方

(2)住家の全壊、全焼または流出により居住する住家がない方

  なお、半壊(大規模半壊を含む)であっても、住宅としての再利用ができず、自らの住家に居住できない方で、

 既に住家を取り壊したまたは取り壊す予定の場合は、協議により対象となる場合がありますので、個別にご相談ください。

(3)自らの資力をもってしては住家を確保することができない方

(4)災害救助法に基づく住宅の応急修理制度または障害物の除去制度を利用していない方

入居期間

2年以内

借り上げの対象となる住宅

原則として、次のいずれにも該当する県内の住宅

(1)昭和56年6月以降に建築した住宅等、耐震性が確保されたものであること。

(2)応急仮設住宅としての入居契約について、貸主の同意が得られていること。

(3)台風による損傷等があった場合、管理会社等により賃貸可能と確認されたもの。

(4)当該賃貸住宅の家賃が、1箇月当たり次のア及びイに定める額以内であること。

 ア)2人以下の世帯 月額7.5万円以内

 イ)3人以上の世帯 月額8.5万円以内

  ※ただし、以下の12市において5人以上の世帯で入居する場合は、月額12万円以内とする。

   千葉市、習志野市、八千代市、市川市、船橋市、浦安市、松戸市、野田市、流山市、鎌ヶ谷市、柏市、我孫子市

申込場所

芝山町役場 企画空港政策課 都市計画係窓口

 必要な手続きについてご案内しますので、まずはご相談ください。

 ※ただし、入居契約は千葉県・被災者(入居者)・貸主(大家)の三者契約となります。

受付時間

午前8時30分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日祝日除く)

申し込み手続きの方法など、詳しくは千葉県ホームページをご確認ください。

令和元年台風第15号の被災者に対する賃貸型応急住宅の供与の実施について(千葉県住宅課HP)(別ウインドウで開く)

賃貸型応急住宅(みなし仮設住宅)のご案内

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)企画空港政策課都市計画係

電話: 0479-77-3909 ファクス: 1479-77-0871

お問い合わせフォーム


令和元年台風15号で被災された方への賃貸型応急住宅のご案内についてへの別ルート

Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.