○芝山町立芝山古墳・はにわ博物館設置及び管理に関する条例

昭和62年12月22日

条例第15号

(設置)

第1条 考古資料を収集し、保管し、展示して町民の利用に供し、もって教育、学術及び文化の発展に寄与するため、博物館法(昭和26年法律第285号)第18条の規定に基づき、町立博物館(以下「博物館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 博物館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

芝山町立芝山古墳・はにわ博物館

山武郡芝山町芝山438番地の1

(事業)

第3条 博物館は、第1条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 考古学的遺物及び遺跡に関する資料(以下「考古資料」という。)を収集し、保管し、及び展示すること。

(2) 考古資料に関する講習会、研究会等を開催すること。

(3) その他博物館の設置目的を達成するために必要な事業

(職員)

第4条 博物館に、館長及び必要な職員を置く。

2 館長は、非常勤とすることができる。

(博物館協議会)

第5条 博物館の民主的かつ適正な運営を図るため、芝山町立芝山古墳・はにわ博物館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、委員10名以内とする。

3 委員の任期は、2年とし、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から教育委員会が任命する。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の在任期間とする。

4 委員は、再任されることができる。

(入館料等)

第6条 博物館に入館しようとするものは、別表に定めるところにより入館料を納入しなければならない。

2 特別に展示される資料を観覧しようとする者は1人につき1,000円の範囲で教育長がその都度定める額の特別観覧料を納入しなければならない。

3 第1項の入館料及び前項の特別観覧料(以下「入館料」という。)は全納しなければならない。

4 納入した入館料等は、返還しない。ただし、教育長が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を返還することができる。

(入館料の免除)

第7条 教育長は、特に必要と認める場合に、入館料を免除することができる。

(入館の制限)

第8条 館長は、次の各号の一つに該当するものがある場合は、その者の入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 展示品、保管物、施設又は設備を損傷する恐れがあると認められるとき。

(2) 公益を害する恐れがあると認められるとき。

(3) その他管理上支障があると認められるとき。

(損害賠償)

第9条 博物館の入館者が故意又は過失により、博物館の施設、設備、博物館資料を損傷し、又は滅失したときは、原状に復し、又は相当金額で賠償しなければならない。

(管理等の委託)

第10条 博物館の管理運営については、その全部又は一部を町長が適当と認める公共的団体に委託することができる。

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、昭和63年3月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第8号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第6条関係)

1 入館料

利用者の区分

個人

団体(20名以上をいう)

小人(小学校児童、中学校生徒をいう。)

1人1回につき100円

1人1回につき70円

大人(年齢15歳以上で小学校児童、中学校生徒を除く。)

1人1回につき200円

1人1回につき150円

芝山町立芝山古墳・はにわ博物館設置及び管理に関する条例

昭和62年12月22日 条例第15号

(平成24年3月26日施行)