ページの先頭です
メニューの終端です。

国会開設の先覚者・桜井静の墓(こっかいかいせつのせんかくしゃ・さくらいしずかのはか)

[2014年4月2日]

町指定有形文化財 国会開設の先覚者・桜井静の墓

紹介

桜井静は、安政4年(1857年)に香取郡東条村牛尾(現在の多古町)の吉川家に生まれ、20歳の時に小池村(現在の芝山町小池)の桜井吉造の婿養子となる。明治12年(1879年)に「国会開設懇請協議案」や私擬憲法草案を発表し、国会開設を求める自由民権運動の一翼を担った。明治23年の第一回衆議院議員選挙では落選し、北海道へ渡り農場を経営した後千葉に戻り、明治35年に衆議院議員に当選した。翌年の総選挙でも再選されたが次の総選挙では落選し、満州へ赴いて事業を行うが、明治38年8月25日、大連にて49歳で自殺。芝山町小池の芝山郵便局裏手に墓所がある。

指定内容

芝山町指定有形文化財

所在地

郵便番号 289-1624

千葉県山武郡芝山町小池1051‐2

所有者

個人

指定年月日

昭和55年2月15日

位置図

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)教育委員会 教育課文化振興係(文化センター内)

電話: 0479-77-1861 ファクス: 0479-77-1950

お問い合わせフォーム


国会開設の先覚者・桜井静の墓(こっかいかいせつのせんかくしゃ・さくらいしずかのはか)への別ルート

Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.