ページの先頭です
メニューの終端です。

国民健康保険の届け出

[2017年5月11日]

国民健康保険とは

 日本に住んでいる人は、いざというときに安心して医療を受けられるように、必ず公的な医療保険に加入することになっています。これを「国民皆保険制度」といいます。

 国民健康保険制度も公的医療保険のひとつで、医療費の負担を軽くするために、普段からお金を出し合い、病気やけがをしたときの医療費にあてようという相互扶助を目的として、各市町村が運営しています。後期高齢者医療制度、会社の保険などに加入している方や、生活保護を受けている方以外は、国民健康保険に加入することになります。

国民健康保険の届け出

 国民健康保険に入るときや、やめるとき、その他の変更があったときには、窓口にて届け出が必要です。

 そのときは、下記の書類等が必要になりますので合わせてお持ちください。

届け出に必要なもの(共通)

・印鑑(朱肉を使用するもの) 

・個人番号がわかるもの(マイナンバーカード、通知カードなど)

・本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証など)

届け出に必要なもの(各項目毎)

入るとき(異動があった日から14日以内に届け出てください。)
このようなとき届け出に必要なもの
他の健康保険をやめたとき

職場の健康保険をやめた証明書(離職票など)
※扶養者がいる場合は名前が入った書類が必要です。

他市区町村から転入してきたとき転入手続きのときに、窓口でお申出ください。
子どもが生まれたとき出生届の提出のときに、窓口でお申出ください。
やめるとき(異動があった日から14日以内に届け出てください。)
このようなとき届け出に必要なもの
他の健康保険に入ったとき

国保の保険証と新しく入った健康保険証

※国保の保険証は使用出来ません。

他の市区町村へ転出するとき

国保の保険証

※転出手続のときに、窓口で保険証をお返しください。

死亡したとき

国保の保険証(世帯主が亡くなった場合は世帯全員分)

※死亡後の手続のときに、窓口で保険証をお返しください。

その他(異動があった日から14日以内に届け出てください。)
このようなとき届け出に必要なもの
町内で住所が変わったとき国保の保険証 
※新しい保険証を発行します。
世帯主が変更になったとき
氏名が変わったとき
被保険者証をなくしたとき(あるいは汚れて使えないとき)・印鑑 ・個人番号がわかるもの ・本人確認ができるもの
被保険者が修学で他の市町村に住所を定めるとき国保の保険証 在学証明書または学生証

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)町民税務課国保年金係

電話: 0479-77-3912 ・ 0479-77-3913 ファクス: 0479-77-0871

お問い合わせフォーム


Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.