ページの先頭です
メニューの終端です。

後期高齢者医療保険料について

[2020年4月1日]

保険料について

後期高齢者医療保険料は、被保険者全員が負担する「均等割額」と、被保険者の前年所得に応じて負担する「所得割額」を合計して、被保険者ごとに決定します。

決定した保険料額は、その年の4月1日から翌年3月31日までの1年間の金額となり、保険料額決定通知書等は、毎年7月中旬に町民税務課国保年金係より送付します。

年度途中で新たに被保険者になったときや年度途中で被保険者でなくなったときは、月割りで保険料がかかります。

※保険料率は2年ごとに見直され、千葉県内で均一です。

令和2・3年度の保険料率について

令和2・3年度の保険料率は下記のとおり決定されました。

令和2・3年度の保険料率等
均等割額 43,400円
 所得割額 賦課のもととなる所得金額×8.39%
 限度額 640,000円

保険料の決まり方

年間保険料額=均等割額+所得割額

※100円未満切捨て

保険料の軽減について

均等割額の軽減

世帯の所得状況に応じて均等割額が軽減されます。
軽減判定所得基準
軽減判定所得基準
(世帯内の被保険者と世帯主の総所得金額等の合計)
軽減割合軽減後の均等割額
33万円以下の場合世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得なし)の場合7割13,020円
上記以外の場合7.75割9,765円
33万円+(28.5万円×被保険者数の数)以下の場合5割21,700円
33万円+(52万円×被保険者数の数)以下の場合2割34,720円

被扶養者であった方の保険料の軽減

後期高齢者医療制度加入の前日に会社の健康保険や共済組合などの被用者保険の被扶養者であった方の均等割額が軽減されます。

また、所得割額は賦課されません。

※国民健康保険及び国民健康保険組合の被保険者であった方は対象にはなりません。

保険料軽減
 75歳到達により後期高齢者医療制度に加入している方障害認定により後期高齢者医療制度に加入している方
均等割77歳以上の方
均等割軽減は適用されません
後期高齢者医療制度に加入して、24か月に到達する月分まで、均等割5割軽減
76歳以下の方
77歳到達する月の前月分まで、均等割5割軽減
所得割負担なし(0円)
※所得の低い方の均等割軽減の対象者は、所得の低い方の均等割軽減が優先されます。

お問い合わせ

芝山町役場(法人番号:6000020124095)町民税務課国保年金係

電話: 0479-77-3912 ・ 0479-77-3913 ファクス: 0479-77-0871

お問い合わせフォーム


後期高齢者医療保険料についてへの別ルート

Copyright (C) Town of Shibayama All Rights Reserved.