共通メニューなどをスキップして本文へ

ページの先頭です

芝山町ホーム

文字サイズ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    航空機騒音障害防止地区・防止特別地区の建築規制について

    • 初版公開日:[2009年01月01日]
    • 更新日:[2009年1月1日]
    • ID:309

    「特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法(騒特法)」に基づく航空機騒音障害防止地区及び航空機騒音障害防止特別地区内の建築規制について

    航空機騒音障害防止地区基準
     航空機騒音障害防止地区航空機騒音障害防止特別地区
    地区の
    設定基準
    航空機騒音影響度レベル(WECPNL)が75以上の地域が基準航空機騒音影響度レベル(WECPNL)が80以上の地域が基準
    規制内容学校、病院、住宅、保育所、その他福祉施設などを建築する場合は、防音上有効な構造とすることが義務付けされています。左記の施設を新たに建築することは原則としてできませんが、知事が許可した場合は建築することができます。
    防音上有効な措置・防音上有害な隙間が生じないこと。
    ・直接外気に接する窓及び出入り口にあっては、ガラスの厚さを5ミリメートル以上にする。またはこれと防音上同等以上の効果のあるもの。
    ・外気に接する給排気口にあっては、開閉措置を設けること。
     

    (注意)上記の建築制限がない建築物
    例) 店舗、事務所、ガソリンスタンド、工場、倉庫、レジャー施設(いずれも併用住宅を除く)等

    (注意)WECPNLとは、航空機騒音をあらわす国際的な基準で、音の大きさのほか、持続時間、飛行時間、時間帯などを総合的に組み合わせた騒音をあらわす単位です。

     

    それぞれの地区は、「芝山都市計画図」で確認することができます。

    芝山都市計画図

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    お問い合わせ

    芝山町役場(法人番号:6000020124095)企画空港政策課都市計画係

    電話: 0479-77-3909

    ファクス: 0479-77-0871

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム