共通メニューなどをスキップして本文へ

ページの先頭です

芝山町ホーム

文字サイズ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

あしあと

    芝山町の地震及び洪水ハザードマップの公表について

    • [2011年8月15日]
    • ID:1251

    「芝山町地震ハザードマップ」及び「芝山町洪水ハザードマップ」

    ハザードマップとは

     台風、大雨地震など各種災害によって被害が予想される箇所や避難所の位置などを地図に示したものです。

     本町では、「芝山町地震ハザードマップ」及び「芝山町洪水ハザードマップ」の2種類を作成しましたので公表いたします。

    「芝山町地震ハザードマップ」とは

    住民の皆さんが自宅周辺や通勤・通学路などの「建物全壊の危険性」、「最大震度」及び「液状化の可能性」を確認し、地震への備えを行うための地図です。

     今回作成したものは下記の3つの地図から構成されます。

    • 地域危険度マップ:想定される最も大きな地震が発生したときに予想される地域ごとの建物全壊の危険度を示した地図
    • 揺れやすさマップ:各地域で予想される最大震度を示した地図
    • 液状化危険度マップ:地盤の液状化の可能性を示した地図

    芝山町地震ハザードマップ

    Adobe Reader の入手
    PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

    「芝山町洪水ハザードマップ」とは

     洪水による浸水の危険性や、急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)による土砂災害の危険性をお知らせするために作成した地図です。

     現在の河川の整備状況で、木戸川と栗山川の支川である高谷川が氾濫した場合を想定した浸水範囲と浸水の深さを示しています。また、関連情報として土砂災害危険箇所も表示しています。

    芝山町洪水ハザードマップ

    ハザードマップの使い方

     ハザードマップはわかりやすい場所に保管し、家庭で災害時の避難所、連絡先、避難時の心得、安全な避難経路などについて話し合い、もしものときに備えましょう。

    1.自宅の位置を確認する

     自宅付近で災害が発生した場合どのような危険があるかを地図で確認し、自ら備えましょう。

    2.避難する場所を確認する

     日頃から地図で自分の家から近い避難所を確認しておきましょう。

    3.避難経路を考える

     被害が大きくなる危険性のある箇所は避けて避難経路を設定しましょう。

    4.避難経路を実際に確認する

     実際に避難場所まで歩いてみて、安全で避難しやすい経路を確認しておきましょう。夜道でも安全に避難できるように目印のある道路を選びましょう。

    お問い合わせ

    芝山町役場(法人番号:6000020124095)総務課自治振興係

    電話: 0479-77-3903

    ファクス: 0479-77-3957

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム